2018年9月8日

30代になった。
少しずつ責任のある仕事を任されるようになって
自信もついてきたあの頃

口癖で論争になると
「絶対にこうだ。絶対に!!」とよく話していた。

ある日 年上の尊敬する上司が
「あなたが良く口にする絶対には、絶対になんてこと
ないはずなんだよ。」と笑いながら
あったかく言ってくれた。
「そんなことない。絶対にこうなんですよ。」と私は
返していたかな。

40代になった今は
本当に「絶対にこうだ!!」なんてことは
思わなくなってきた。
なぜなんだろう。

もっと自由に
もっと柔軟にいたいと思う。

年を重ねてきたからだろうか。

その上司はずっとこの場所に必要で
この仕事をずっと続けて支えていく人だと思っていたけれど
ひらりと飛び越えて
こっちのほうが楽しそうだからと
去っていった。

絶対にと頑張っていたあの頃も
あの頃でよいのだと思う。

でも

絶対にを捨てると
とても楽になる。
自分にも他人にも優しく素直になれる。
そんな気がする。

カテゴリーBLOG